2010年1月17日日曜日

フランス人に心臓病が少ないのは…赤ワインのおかげ?(世界舞台-2025年までベトナムにてビジネス)




やはり食事とともに飲む赤ワインは身体に良いんですね。
勉強になりました。



【パリ=国末憲人】美食にふけるフランス人に心臓病が少ない――。「フレンチ・パラドックス(フランスの逆説)」と呼ばれるこの現象のメカニズムを解明したと、仏研究チームが発表した。赤ワインの成分と女性ホルモンが作用して血管内で一酸化窒素(NO)を発生させ、動脈硬化を防いでいた。

 発表したのは、仏西部アンジェ大学国立保健医学研究所を中心とする研究者ら。

 フレンチ・パラドックスとは、フランス人が肉や乳製品から動物性脂肪をたくさん取るにもかかわらず、心筋梗塞(こうそく)など虚血性の心臓病での死亡率が高くならないこと。食事とともに飲む赤ワインに含まれるポリフェノールのお陰だといわれてきたが、その詳細は未解明だった。


・・・・・・・・・

asahi.com
http://www.asahi.com/international/update/0113/TKY201001120516.html?ref=rss

0 件のコメント:

コメントを投稿