2009年5月30日土曜日

志高清遠


久しぶりの更新になります。

前回の書いた記事のカッティエン国立公園の記事ですが、
実は行ったのはいいものの私が入園する少し前に政府関係者が
撮影で公園内に入り、後から来た人は入る事が出来ませんでした。
<オーストラリア人の方と一緒に粘りましたが、無理でした。>

で、このまま帰るのは勿体ないので更に移動してダラットまで行って来ました。
既に2回行って観光をしていたので、今回は特に観光も余りせず
のんびりとリラックスして来ました。

話は変わり5月5日に人生の一つの節目となる
大きな経験を致しました。
将来の事等色々と考えましたが、
一つ前の事のみに集中するのが良い解決策だと思い
目の前の事を一歩一歩こなしていければと考えております。

地道に志高清遠の思いで
人生を歩んでいきたいですね。


~志高清遠~

志を高くもち、世俗の垢にまみれない清らかな心で、
遠大な理想をもって生きること

早速、事務所に掲げておこうと思います。

2009年5月1日金曜日

カッティエン国立公園


ここのところずーっと旅行という旅行をしておりませんでしたし、
自然とも触れ合っておりませんでしたので明日はカッティエン国立公園へ行く事にしました。

ワニの沼、ナイトサファリ、少数民族の村タライ訪問を行おうと思います。

私一人で行ってもいいのですが、
念の為にも会社の用心棒も連れて行くことにしました。



ベトナムの最大の国立公園であり、世界の411番目のバイオスフェア保護区である。 
ベトナム南部のドンナイ、ラムドン、ビンフオックの3つの省に挟まれたこの国立公園の総面積は74000haである。
カットティン国立公園は多様な風景に恵まれており、山や丘、渓流、砂浜などがある。
伝説によりますと、大昔、天女たちがここにやってきて、水遊びをして楽しんだと言われている。
象や水牛、サイなどが生息している
この国立公園にはレッドデータブックに掲載されている希少な動植物がある。特に、その中でジャワ犀がある。